お金持ちになるには投資をおすすめします

こんにちは、かぶまるです。前回の記事ではお金持ちほど時間を大切にするという事で、ただ時間を費やしてお金を稼げばいいのではないという話をさせていただきましだ。

お金持ちになるには結局は何かをはじめない事にはなれません。

・もっと高収入な仕事を探す。
・自分で事業を起こす。
・投資をしていく。
などですね。

新たな収入源を開拓する

さて、今自分の収入は何から得ているのか思い浮かべてみてください。

多くの方は会社から貰うお給料を想像するのではないでしょうか?!

私の場合は3つの収入源を思い浮かべる事ができます。

一つはさきほどいいましたお給料ですね。

そして副業(アフィリエイトやメルカリなど)による収入。

最後は投資による株の配当金などです。


収入=お給料という方はぜひとも新たな収入源を開拓するという事を意識してみてください。

給料は経営者が決める事でそうそう増えていくものではありません。
給料所得以外にも収入源を増やしたいなら、労働の資産化をおすすめします。

つまりは給料で得たお金を投資にまわしていくという事ですね!!
世の中のお金持ちはその資産を株や不動産という形で所有しています。

資本主義においては資産をより多く持っているものが有利な制度となっています。

投資の代表的存在

一言で投資と言っても、さまざまな投資先があります。株や不動産だけではありません。

債権も投資になりますし、FXもそうだし、仮想通貨など幅広い投資先があります。

では、その中で理想的な投資先と言えば私は株を選びます。

ココらへんは正解のない話なので自分で決めていただければと思います。

株に投資するという事は企業に投資するという事になります。

株を買うという事は企業の一部を買うという事になります。

企業を株という形で切り売りしているイメージを持っていただいて結構です。

株ってなんだか危ないイメージを持っている方もおられる事でしょう。
しかし、今私が働いている会社も株式会社でし、多くの方が株式会社で働いています。

別に怪しい事をしているわけでもないし、法に触れるような事をしているわけでもありません。

素晴らしい企業を保有するという事

私は一生懸命、汗水流して働いています。

それは当然経済活動の一部でもあり、ある意味社会貢献の一つでもあります。

株を持つという事はそんな企業のオーナーになるという事で、ギャンブルでもなければ、誰に批判されるものでもないのです。

株での売買を否定するという事は上場している会社すべてを否定する事にもなります。

株式会社の社員は一丸となって利益を得るために働いています。

・経営者は会社の大まかな方針をとって舵取りをしています。
・管理者は部下を取りまとめて、日々マネジメントをしています。
・現場の社員は毎日頭を下げて汗水流して働いています。

社会に価値を与えて利用者に喜んで貰うためにこんなにも必死になって働いています。

そのサービスの対価としてお金を貰っている訳ですね。



会社が存在しなければ私達の生活はどうなるでしょうか?!

・会社は社会に必要とされるサービスを提供し、世の中に価値を生み出しています。
・その対価としてお金を貰い、従業員に給料を支払い雇用を支え、税金を支払っています。
・その残りの最終利益を株主に還元しているわけです。

株を否定するという事は資本主義が根本から崩れ落ちるわけにもなるのです。

株に投資をするという事は間接的になりますが、サービスを提供して、たくさんの雇用を支え、しっかりと税金を支払って世の中を支え続けているのですね!!

保有すれば企業の利益は株主のもの

同じ会社からお金を得るという事でも、給料による所得と株による配当金ではまったく質がことなってきます。

この本質を見抜くことができれば、すでに不労所得への第一歩を歩みだしていると言っても過言ではありません。

給料所得は会社と雇用契約を結び、労働の対価としてお金を貰っています。
・働かなければお金は貰えない
・給料体系は就業規則で大まかに決まっている

一方で配当金は会社の最終利益によって決まります。
・株を保有しているだけで貰える
・一切働かなくてもよい。遊んで寝ていても配当金は受け取れる。
・その変わりにリスクを背負う

投資家はこの収入の質の違いに注目しする必要があります。

会社は誰のものか?!
会社は従業員のものでもあり、経営者のものでもあり、株主のものでもあります。

しかしそれは建前で法律上、会社は株主のものであり、会社が生み出した利益は株主のものなのですね!!

働いていると社長や専務、常務など取締役は雲の上の存在に見えますが、その取締役ですら株主に一任されている経営者に過ぎないのです。

株主の過半数以上が社長を交代しろ!!と声をあげれば社長は何一つ文句を言えないのです。

見守るのも仕事

さぁ株に投資をした後は、会社がどんどんお金を生み出していってくれます。


会社の社長がビジョンを考えて、管理者が現場をマネジメントして、たくさんの従業員が汗水流して働いて利益をあげていってくれます。


株主は会社のオーナーとしてどっしり構えて、見守っていきましょう。


我々投資家の仕事は、投資先の会社を選ぶ事と、投資した会社の行く末を見守る事になります。

こうやってお金がお金を生み出す状況を作り出せば、あとはその規模を拡大させていく事が大切です。

投資ってなんだか怖い気持ちは良くわかります。

貯金と違ってリスクを背負う事になりますので、少しだけ勇気が必要になります。

しかし、投資を続けて慣れてくると徐々に世の中の事がわかってくるようになります。

実際に資本家ってこうやってお金を儲けているんだ、と自分で体験する事が大切です。

株を続けて10年以上経ちます。最初は不安だらけだった株式投資も今では心の底から楽しい!と思えています。

今でも株を買う時はドキドキしますし、配当金や株主優待を貰うとめちゃくちゃ嬉しいです。

読者のみなさまにもぜひともこの株式投資の楽しさを経験してもらいたいですね!!

しっかり投資の勉強をして最初の一歩を踏み出そう

シリーズ!お金持ちへの道♪

お金持ちへの道!千里の持ちも一歩から!みんなでお金持ちになろう

□関連記事をご紹介します
■その1:お金持ちほど時間を大切にする【1番基本的かつ大切な考え方です!】
■その2:お金持ちになるには投資をおすすめします【絶対に必要!!】
■その3:もっと資産を増やしたい!!【資産増加にブーストをかけよう】
■その4:節約は投資よりも難しい?!【買った瞬間から大暴落】
■その5:複利を理解する事が最大の近道【エジソン曰く人類最大の発見】
■その6:海外ETFの魅力【長期投資の強い味方♪】
■その7:非課税枠をフル活用しよう【NISA・積立NISA・iDeCo】
■その8:まずは金融資産1,000万円を目指してがむしゃらに!
■その9:40代おっさんリーマンが資産1億円を目指す為に【不可能な話じゃない】
■その10:お金持ちへの道。最後は行動するかどうか!

□YouTube動画でも学べます
お金持ちへの道1【お金で時間は買えない】
お金持ちへの道2【新しい収入源を開拓しよう】
お金持ちへの道3【なぜ投資を行う必要があるのか?】
お金持ちへの道4【株を保有することの意味】
お金持ちへの道5【モチベーションをいかに維持するか】
お金持ちへの道6【バランスシート感覚を持つこと】
お金持ちへの道7【資産増加にブーストをかけよう】
お金持ちへの道8【複利を理解する事で道は開ける】
お金持ちへの道9【金融資産1,000万円達成する事の重要性】
お金持ちへの道10【行動するかしないか?ただそれだけです】

コメント

タイトルとURLをコピーしました