脱社畜で幸せになれる訳ではない

私は長時間労働に嫌気がさして、脱社畜を目指しています。

ただし、それは単純に働きたくないというのではありません。

より自分のライフプランに合った仕事がしたいという事です。

労働以外の収入を確保した上で、労働のウェイトを少し下げてみようと思っています。


単純に仕事が辞めたいから脱社畜なのでさなく、しっかりと目標を定めて、目標に向って歩み始める事が大切です。

会社を利用するという事

労働者は会社に雇われて良いように使われる存在です。

多少、個人が犠牲になってもいとわない、会社の為に尽くす事が美徳なんだという考えは時代遅れです。


刻一刻と環境が変化する中、当然働き方も変わってきます。


これから重視していきたいのはいかに個人が自己目標を達成するか、自分らしい人生を送れるか?!なのです。

会社は自己実現を成し遂げるための手段の1つでしかないのです。


会社に利用されると同時に会社を上手に利用していく…
これからは必要とされる考え方なのではないでしょうか?!

脱労働が脱社畜な訳じゃない

もう社畜みたいに働くのはゴリゴリだ。

良いように利用されてもうこの仕事はうんざりだ。

これは働き方の問題なのですよね。

脱社畜とは社畜を脱する。

つまりより自分の理想とする働き方を探し求める事です。


労働環境や報酬に納得して働く事が重要なのです。


たとえ厳しい労働環境であろうとそこにやり甲斐や生き甲斐を感じて充実した1日を過ごせるなら、すでに脱社畜状態だという事ですね。


脱社畜とは単に脱労働ではないという事を勘違いしてはいけませんね。

仕事を辞める事が目的になっていないか?

最近、脱社畜という言葉が一人歩きしている気がします。

会社がつらい…さっさと仕事を辞めてフリーランスになろう。誰にも束縛されずに自由に働こう!!

そんな主張をよく聞きますが、フリーランスはそれはそれで大変ですよ。


今まで会社が一部負担してくれていた健康保険や年金など社会保険料も全額自分持ちになります。

会社で働いていれば、仕事が多すぎるという悩みはあれど、仕事が何もない…という状況は避けられます。

収入の波も激しくなる事でしょう。


フリーランスは病気になっても病休なんてありません。


労働は時間を犠牲にして働く分、比較的安定期的な収入を得られます。

脱社畜という言葉がひとり歩きして、ただ仕事を辞める事が目的になっていませんか?!


必死になって労働に励むにしても、脱社畜をするにしても「人生における目標を達成するため」という大義名分を忘れないようにしましょう。

人生腐ってしまう

何の目標を持つこともなく、ただ嫌だからそれだけの理由で仕事を辞めてしまえばどうなるでしょうか。

最初は自由な生活を謳歌できることでしょう。

今まで時間がなくて出来なったゲームを存分に遊ぶことがで切るようになります。
好きなだけ遊んで疲れたら昼寝をする。
昼寝後は映画館に行って新作映画を見たり読書にふけってみたり。

そんな自由も毎日続けば苦痛に感じられてくる事でしょう。

目標も持たずに自由を手に入れてもただ暇を持て余すだけ。

この手の話はよく聞きますね。仕事人間が定年退職を迎えて、何をする訳でもなく自由過ぎて途方に暮れてしまうとか。

たしかに脱社畜を成し遂げる事はできましたが、だからといって人生成功となったわけじゃありません。


そこに夢や目標がなければ、厳しすぎる労働も自由過ぎる自由も同じなのです。

単に時間どろぼうでしかありません。


毎日仕事をしていて、たまに自由な休日だからめちゃくちゃ楽しいのです。

毎日が自由で何の目標も、持っていないならその自由は苦痛しかもたらさない事でしょう。

生きる意味を見つける

結局のところ、脱社畜と生き甲斐とが繋がっていない限りは問題は何も解決しません。


社会と完全に関わりを断ってしまったら、そこから充実感や達成感を得るのは難しくなります。

誰かの為になる、誰かが見てくれている、目指すべき尊敬する人がいる。
人との繋がりを実感したり、人から感謝される事こそが生き甲斐に繋がります。


これはネットの中の社会でも同じ事です。

仕事が嫌だから脱社畜なのではダメなのです。



人生を賭けて打ち込みたい事が見つかった!!本当にやりたい事が見つかった時点で半分、社畜から脱出できたようなものです。

何かに本気になっている時ほど人が輝いている時はありません。



本気になれものが見つかった時、自由との戦いに勝った事になります。
本当の幸せを見つけた事になるのです。

脱社畜道!!始動

【かぶまるおすすめの記事はこちらです】
■その1:社畜労働人間。こんな人生のはずじゃなかった
■その2:こうなったら抜け出せない!【従業員の企業戦士化】
■その3:社畜脳から抜け出すためにTwitterの世界に飛び込むべき
■その4:なぜ仕事が増え続けるのか?!断る勇気も必要です
■その5:株主となって経営者の上に立ってしまおう!!
■その6:脱社畜で幸せになれる訳ではない
■その7:理想は24時間!!1日の時間じゃないですよ
■その8:社畜魂。会社の8時間労働よりも自宅の12時間労働
■その9:正しい脱社畜の目指し方

【YouTubeでも解説しています】
■ その1: 脱!社畜道1【こんな人生のはずじゃなかったのに】
■ その2: 脱!社畜道2【従業員の企業戦士化】
■ その3: 脱!社畜道3【こうなったら抜け出せない!洗脳企業戦士】
■ その4: 脱!社畜道4【Twitterの世界に飛び込むべき】
■ その5: 脱!社畜道5【断る勇気も必要】
■ その6: 脱!社畜道6【株主となって経営者の上に立ってしまおう】
■ その7: 脱!社畜道7【脱社畜で幸せになれる訳ではない】
■ その8: 脱!社畜道8【仕事を辞める事が目的になっていませんか?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました