マインドフルネス瞑想って何?!メンタルを鍛えるもっとも近道な方法

こんにちは!今日もサンドバッグのように打たれて心傷ついているかぶまるです。

なるべくストレスはその日のうちに解消しようとしているところですが、なかなかそうも行きません。

帰ってきたら夜遅くで、リラックスする時間もなければ運動する気も起こらない。

明日に備えて早く寝なければならない。

なかなか自分の心と向き合う暇がないですよね。

そんな忙しいサラリーマンに取り入れていただきたいのがマインドフルネス瞑想です。

マインドフルネスっていったいなんかのか?!

最近、マインドフルネスって言葉をよく聞きますが、そもそもマインドフルネスっていったい何なのでしょうか?!


マインドフルネスは真っ白な心で物事を真意を捉える事をいいます。


私たちはあらゆる事象を自分の主観、物差しで測っています。

あの人は、態度がでかい。
この会社は、従業員に優しくない。
なんだか気分が乗らない…。

物事の捉え方や感じ方は人それぞれ、主観が大きく入っています。

もっと落ち着いた状態で、余計な雑念なしに物事を考えられたら…と思うことでしょう。


要は気持ちを無にしてありのままの自分を受け入れようという考え方です。


なんだか難しそうですけど、日本では大昔からこの考え方を取り入れてきました。

いわゆる坐禅や瞑想がほぼマインドフルネスと言えるでしょう。

カタカナで難しく感じるかもしれませんが、瞑想によって落ち着いた自分を取り戻そう。

余計な考えを取り払って何の偏見もなしに、目の前のありのままの事を受け入れよう。

そして前に進んでいこうという考え方です。


瞑想のポイントは呼吸です。
深呼吸とリズムある呼吸によって、感情が昂ぶっている心は落ち着きを取り戻します。


落ち着いた心で過ごす事ができれば、人間関係の改善に繋がりますし、より効率的な仕事が可能となります。

瞑想によりパフォーマンスが向上する

マインドフルネスも坐禅も瞑想を取り入れるという点では共通です。

瞑想のポイントはさきほども言いましたとおり呼吸。
要は呼吸法を学ぶ事に繋がってきます。


あぐらをかき、目をうっすらと閉じて、腹式呼吸による深呼吸を繰り返します。

5分くらい経過すると心が穏やかになっていく事が感じられる事でしょう。


雑念だらけだった心は落ち着きを取り戻して、今ここに集中する事ができるようになります。


今を観察する。
その事を評価する必要もなければ、善悪の判断をつける必要もありません。

目の前に起きている出来事を客観的に捉えられるようになります。

主観だらけだった考え方が変わる瞬間ですね。

・あの人は、態度がでかい。
→自信が裏付けにある行動だ。見習う点もある。

・この会社は、従業員に優しくない。
→たしかに仕事量は多いけど、見合った報酬も得られている。

・なんだか気分が乗らない…。
→心を落ち着かせるとやる気が湧いてきたぞ!

・生活に瞑想を取り入れる事でゴリゴリに固まった主観から一歩引いた状態で物事を捉えられるようになります。
→自信が裏付けにある行動だ。見習う点もある。


生活に瞑想を取り入れる事でゴリゴリに固まった主観から一歩引いた状態で物事を捉えられるようになります。

瞑想によるメンタル面の改善

瞑想により心の中のストレスや問題と向き合う事で自分なりに消化できるようになります。


自分の問題の答えは、自分で導き出すしかありません。


どんな問題だってそう。
最後は自分で決断しなければならないのです。


しかしながら、負のスパイラルに陥っている時の決断ほど当てにならないものはありません。


たいがい、間違った判断をしてしまいます。

だから瞑想が有効となります。

瞑想することで、ゼロベースで物事を考えられるようになります。


・要は冷静な判断を下せる可能性が増える。
・より良い選択肢を選ぶ可能性が増える。
・結果的に正しい方法に導ける可能性が増えるという事です。


今に全力で集中する事で、頭の中のマイナス思考が一時的にリセットされます。

瞑想を取り入れる事で投げやり的な行動を正す事ができるのです。

瞑想は場所も取りませんのでどこでも気軽に行う事が可能です。


忙しいからこそ、ほんの少し瞑想に時間を割いてみてはいかがでしょうか?!


1日のうちほんの少しの時間で良いので心を無にする時間を作ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました