昼食を抑えることで活動にブーストがかかる!

こんにちはかぶまるです。毎日、仕事お疲れ様です。
今回は昼食を抜くと集中力が持続しやすくなり、仕事の能率が上がった話です。

最近、仕事が忙しくて、なかなかお昼を食べる時間が確保できませんでした。

実際に昼食抜きの生活をしてみると、想像以上に素晴らしかったのでご紹介させていただきます。

お昼抜きの生活を始めることで、色んなメリットを感じることができました。

それでは順にご紹介させて頂きます。

【メリット1】昼食後疲れを感じにくい

たくさん食べた後って、ものすごく体がだるく感じられませんか?!


急激に眠くなったり作業効率が落ちるように、感じられることはありませんか?!

ご飯をたくさん食べる、特に炭水化物をたくさん食べると血糖値が、急激に上昇します。

血糖値の上昇を抑えるために、体の中でインスリンが分泌されます。

インスリンが分泌され、血糖値が下がることになりますが、その時にものすごい疲れや眠気を感じることになります。

実際に食べ放題なんかで、お腹いっぱい食べた後って、動けなくなるほどしんどいですよね。

体を休めないと何もできない状態が数時間続きます。

それは体の中でインスリンが大量に、分泌されて血糖値が下がる時に眠気を感じることになるのです。

昼食を食べ過ぎることは、午後からの仕事の効率を下げることになります。

お腹が膨れて眠気を感じて、そこでカフェインと糖分を取って無理やり眠気を覚ます。

するとまた血糖値が上昇してしまう。

昼食をとるとこの悪循環に、陥りやすいのです。
急激な血糖値の上昇を繰り返す事は体にとってもよくありません。

お昼ご飯を抜いたり控えることで、午後からの疲れを感じにくくさせてくれるのです。

【メリットその2】自分の時間が増える。

昼食って結構時間がかかります。

定食屋に行って、メニューを選んで待って。 会計を済ませて帰る。それだけで休憩時間が終わってしまいます。

昼食時間が1時間とすると、その1時間で色んなことができてしまいます。

30分あればブログの記事を、一つ書けてしまいますよね。

本ならかなり読みすすめる事ができます。

Twiterでインプットとアウトプットを進めることもできますね!!

休憩の1時間は、使い方次第でかなり重要な1時間ということになります。

昼食に時間をかけないことで、自分の時間が圧倒的に増えます。

この時間を副業に当てたり、本を読んで、自己啓発に努めることで人生も大きく変えてしまうのではないかと思えてなりません。

【メリットその3】パフォーマンスを生み出す。

何か大きなことを成し遂げたい場合、空腹状態をお勧めします。

アスリート達も、競技の前にお腹いっぱい食べるということはしませんよね。

少しだけ、カロリーを摂って競技に臨むことかと思います。

朝昼晩と満腹状態になるくらい、ご飯を食べると、ずっとパフォーマンスが低下した状態が続きます。

重要なことを判断する、何かものを作り出すそういった時にはあえて空腹状態で臨みます。

私の場合は、ブログの記事を書いたりYouTubeの動画を作る時はご飯を食べないようにします。

何か口にするにしても軽めで済ませます。

大切な仕事が終わってから、ご飯を食べることでパフォーマンスの低下を大幅に下げることができるのです。

【メリットその4】財布に優しい。

お昼ご飯ってバカになりません。

定食屋に行って、ランチを食べると、1000円ぐらいかかりますよね。それを毎日続けていくと1か月で2万、3万という金額になります。


1年続けることで20万、30万円という金額になってしまいます。

これで最新型のパソコンを買ったり、一単元株を買い増すことができるくらいの金額ですね。

お昼を抜いたり、軽く済ませることで節約にもつながってきます。

浮いたお金を資産運用にまわしてもいいですし、自己投資にまわしてもいいですね!!

お昼からのパフォーマンスを向上させつつ、節約もできるって一石二鳥でございます。

【メリットその5】ダイエットになる。

毎日ランチの定食を食べると、かなりカロリーを摂取することになります。

コンビニのお弁当を見ると驚かされます。

1000カロリーを超えているお弁当もあります。

毎日、力仕事をしているならまだしも、事務仕事でお腹いっぱいご飯を食べるのは! 食べ過ぎかもしれません。

朝に家でしっかりとご飯を食べて、昼にランチの定食を食べて、晩はお酒を飲む、なんていう生活を続けていると、あっという間に生活習慣病になってしまいますよ。

カロリーをとり過ぎてると思っている方は、昼ご飯を抑えることが重要になってくるかと思います。

生活習慣病には食べすぎが原因となる場合があります。

最近、体重が増えて血圧が上がってきた…なんて方はお昼ごはんを抑えることが必要かもしれませんね。

【メリットその6】晩御飯が美味しくなる。

昼食を抑えることで、お腹が空になります。

一度お腹の中を空にして、ご飯を食べるとこんなにも美味しかったのかと感じる事でしょう。

朝昼晩と惰性でご飯を食べていることはありませんか?


空腹状態になってから食べるのが、美味しいのです。

お昼ご飯をおさえるという方にはかなり空腹状態になります。

そのぶん家に帰ってからの、晩御飯のおいしいこと。お世辞抜きで、妻の作ったご飯が美味しく感じられ、感動して、そして、褒めちぎることになります。

お昼ご飯を抑えることで夫婦円満になる事だってあるかも?!しれません。

昼食抜きの生活は、人によっては、合う合わないが、感じられることかと思います。

お腹が空きすぎて全く集中力が得られないという方は、昼食抜き生活を避けた方が無難です。

逆に、昼食を抜いたり抑えることで、眠気を避けられ、集中力が上がると言うなら、この生活を取り入れてみてもいいかと思います。

私の場合はメリットしか感じられませんので、これからも、昼食を抜くかもしくは軽く押さえた生活を続けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました