お喋りが苦手な底辺YouTuber

こんにちは!!かぶまるです。

人気YouTuberの方って喋るのが得意で、滑舌良く止まることなく次から次へと喋っておられてすごいですよね!!

でも私は喋るのが苦手です。

友達や家族としゃべるのは全く問題がないのですが、人前やカメラの前に立つと全然言葉が出てこなかったり、自分の言いたいことが言えなかったりします。

喋りが苦手なYouTuberがどうしてきたのか?!
そして現在とっている対策についてご説明させていただきます。

喋れないからどうしたのか?!

YouTubeが勢いある事がわかっていましたし、動画というメディアを持ちたかったので喋るのが苦手ながらYouTubeに参入しました。

そこで利用したのがゆっくりキャラクターたちです。

YouTubeを見ているとよく出てくる機械音でしゃべっている大きなリボンをつけた霊夢と、帽子をかぶった魔理沙にしゃべらせるという手法ですね。

YouTubeでもこのゆっくりキャラを使った動画はたくさん存在していましたので私も参入して動画を公開していきました。

自分で動画を作る必要性が出てきた

しかしながらゆっくり動画にはYouTubeの収益化上で大きな問題が発生しました。
多くのチャンネルでゆっくり動画の収益化が無効となっていったのです。

これはどういうことか?!

ゆっくりの霊夢や魔理沙たちの画像はどこでも同じです。
そして同じ機械音。

内容はまったく違ってもYouTubeのAI判断で重複コンテンツとみなされるようになってしまって収益化ができなくなってしまったのです。

私のチャンネルも例外ではありませんでした。

そこでゆっくりキャラたちに頼るのではなく自分でしゃべって動画を作り上げる必要性がでてきたのです。

喋るのが苦手でも動画を撮れる方法

そうはいってもお喋りが苦手な私はどうしたのか?

実際にカメラに向かって喋ってみましたが到底、公開できるようなものではありませんでした。

結論からいいますと、動画のカンペをカメラの下にペーパーなりタブレットに表示しておきます。

そのペーパーをチラチラ見ながら喋る事で、お喋りが苦手な私でも動画を作ることができるようになりました。

結構、有名なYouTuberの方でもカメラの下にカンペという手法はとられている事が多いです。


何も見ずにペラペラと喋り続ける事ができる方は正直うらやましいです。
でも現状、私にはカンペ無しで喋るのは無理。喋っている途中に頭がパニクるからです。

面倒でもカンペを用意して動画撮影にのぞんでいます。

まとめ

みなさんはどのように動画撮影をされていますか?!

私はカンペを利用する事で、カメラ前でもとりあえず喋る事はできるようになりました。

しかし、喋る事に関してはまだまだ素人です。
喋るテンポも悪いし滑舌も良くありません。

もっと動画に慣れて、より良い動画を聞きやすくお届けできたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました