脱社畜を潜在意識にインプットさせていこう

こんにちは!かぶまるです♪

今日も1日お疲れ様です。
仕事終わりの1杯ビールが私の疲れのすべてを癒してくれます。
そして寝ればまた仕事。

私の1日の大半の時間は…仕事で消えてしまいます。

悲しい…悲しすぎます…。

会社勤めだけで1日が終わってしまう。

つまりは人生の大半を労働で終わらしてしまう現実を変えていきたい!!そう思って脱社畜を目指して行動しているところです。

なかなか脱社畜できない現実

しかしながら現実問題、脱社畜って無茶苦茶難しいのです。

会社を辞めても結局、お金がなくなって今より条件の悪い仕事をしなければなりません。
単に仕事を辞めるだけじゃ脱社畜にはなりません。

脱社畜を現実のものとするには…働かなくてもお金が得られる形、不労所得を作り上げていかなければなりません。

なかなか結果に結びつかない

ただ不労所得を得るのはそんなに簡単な事じゃないのです。

投資をするにしても、それなりの資産を築き上げるのには10年単位の期間が必要です。

かなり粘り強く継続していく必要があります。


副業にしたってそうですね!!ブログやYouTubeを始めたからといってすぐにお金になる訳ではありません。

最初は1円にもならない期間が続きます。

その長い期間を忍耐強く我慢していく必要があるのです!!

それでも脱社畜を諦めない

不労所得って簡単に作れるものじゃないのです。

簡単ならみんな仕事なんてやめて悠々自適に生活を送っている事でしょう!!

誰もが簡単にできる事じゃないからこそ、挑戦する価値があります。

脱社畜する事に意味が増してきます。
社畜として働くがために失われているものを想像してみましょう!


毎日8時間勤務に2時間の残業に2時間の通勤時間を合わせると一日の半分もが仕事に拘束されている事になります。

仕事をしていると自分の時間なんてほとんど持てません。
家に帰るとあまりにクタクタになってしまって…何もできないのですね!

毎日強く望むことが重要

このまま60歳で定年退職を迎えてさらに年金を貰えるようになるまで、さらに働き続けなければならない人生でいいのでしょうか?!

労働から解放されるころにはもう自分の体の自由もきかない年齢になってそうですね。

今の私の焦点は脱社畜です。
しかし、先ほども言いました通り脱社畜はそんな簡単な事じゃありません。

長期にわたって投資や副業を続けていく必要があります。

どうやってそんなモチベーションを保つのか?!

本気で脱社畜を望むなら、仕事を辞めて悠々自適の生活を送る事を強く念じて心の奥底に刻み込まなければなりません。

何度も口に出して言う事で自然と自分の潜在意識の奥深くにインプットさせる事ができます。

早く不労所得を増やして、労働から抜け出したい!
脱社畜を繰り返し認識し、自分の言葉で発して自分の耳で聞くようにしましょう!

心の奥深くにインプットさせる事で自然と行動が脱社畜に向かって動いていく事となるでしょう!

脱社畜道!!始動

【かぶまるおすすめの記事はこちらです】
■その1:社畜労働人間。こんな人生のはずじゃなかった
■その2:こうなったら抜け出せない!【従業員の企業戦士化】
■その3:社畜脳から抜け出すためにTwitterの世界に飛び込むべき
■その4:なぜ仕事が増え続けるのか?!断る勇気も必要です
■その5:株主となって経営者の上に立ってしまおう!!
■その6:脱社畜で幸せになれる訳ではない
■その7:理想は24時間!!1日の時間じゃないですよ
■その8:社畜魂。会社の8時間労働よりも自宅の12時間労働
■その9:正しい脱社畜の目指し方

【YouTubeでも解説しています】
■ その1: 脱!社畜道1【こんな人生のはずじゃなかったのに】
■ その2: 脱!社畜道2【従業員の企業戦士化】
■ その3: 脱!社畜道3【こうなったら抜け出せない!洗脳企業戦士】
■ その4: 脱!社畜道4【Twitterの世界に飛び込むべき】
■ その5: 脱!社畜道5【断る勇気も必要】
■ その6: 脱!社畜道6【株主となって経営者の上に立ってしまおう】
■ その7: 脱!社畜道7【脱社畜で幸せになれる訳ではない】
■ その8: 脱!社畜道8【仕事を辞める事が目的になっていませんか?】

※ブログのサイトマップはこちらです。
現在1300記事以上の記事の更新を続けています。

※Twitterもしています!フォローの方よろしくお願いします!


※YouTube動画も公開中です!!ぜひチャンネル登録お願いします!!
かぶまるの雑談サブチャンネル【かぶまる本人による雑談です♪】


かぶまるゆっくりチャンネル【ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙が活躍中です♪】


コメント

タイトルとURLをコピーしました