世の中の大半は労働者【労働収入をいかに活用するかが重要】

こんにちは!かぶまるです。

TwitterやBlog、YouTubeの世界ではネットで簡単にお金を稼いで悠々自適の生活を送っている人がとても多いように錯覚してしまいますね!!

確かに!会社に所属する事なく自分の好きな事をして生きている人は多いです。

しかし、実際は世の中の大半は労働者だという事です。

会社に雇われて、自分の時間と引き換えに対価を得ている人がほとんどなのです。

ではどうして労働者は負け組と言われるのか考えてみましょう。

労働って楽なのですよね。

上司に言われたことをやっているだけで、毎月安定的にお金が貰えます。

仕事を探さなくても会社が仕事を与えてくれます。
そして新しい何かを生み出す必要もありません。

目の前にある仕事をこなしていくだけで、しっかりとお金が貰えます。

フリーランスや会社経営者に比べれば非常に楽にお金を稼ぎだすことができます。
もちろん成功すればフリーランスや会社経営者は莫大なお金を得る事ができます。

しかし、その分リスクも非常に大きいのですね。

成功する人はほんの一握りで大半のフリーランスや経営者は志半ばに挫折していく事になります。
一方で、労働者は組織に属するだけであとは勝手にお金を得る事ができるのですね!!

楽にお金が貰えるから、お金を溜めようとしません。

あればあるだけお金を使って、そして次の給料日を待つ。

10年働こうが20年働こうが…結局は働かざるを得ない状況に陥ってしまいます。

労働者が負け組と言われるのは、人生のすべてを労働者として過ごそうとするその考えや姿勢です。

労働者として得たお金をしっかりと投資にまわして資産を築いていけば10年、20年でかなりの金額になるはずです。

働かなくてもそこそこ不労所得を得られるくらいの資産を持つことは可能なのです。

でも目先の快楽を求めてお金を散財してしまう。

ずっと労働者であり続ける人が多いから、負け組だと言われ続けるのです。


会社経営者は自分の事業が永続的に続くなんて思っていません。
フリーランスも今の立場がいつまで続くか怪しいものです。

だからこそ、報酬を資産に変えて将来に備える人が多いのですね!!

さっさとお金を貯め込んで不労収入で生きていこうと考える人の割合が圧倒的に多くなります。

労働者だから負け組なのではなくて、そのマインドが負け組と言われるのだと思います。

底辺労働者であろうと、ブラック企業労働者であろうとそこから脱出する事を考えるならば、行動は変わってくるはずです。

死ぬ思いで稼いだお金を積極的に投資にまわしたり、より良い条件の仕事を探したり、空き時間で副業を始めてみたり。

マインドが変われば行動も変わります!!

この世の中の大半は労働者です。労働者がいなければ世の中は成り立ちません。
しかし、労働を続けるという事は自分の時間を犠牲にし続けるという事です。

私たち労働者は、労働をいかに利用し、労働から脱出するのか?
を考えて生きていく必要があるという訳ですね。

転職して収入の大幅アップを図っていこう!!
仕事をする上で大切な事は自分に見合った仕事ができるかどうかです!そして仕事に見合った収入を得られるかどうか?!労働に費やす時間は人生においてかなりの長時間となります。仕事には妥協してはダメですね。たとえしんどくとも、それなりの収入とやりがいがあれば充実した毎日を送れるはずですよ♪

派遣・紹介予定派遣なら【マイナビスタッフ】

正社員、契約社員の仕事情報から探す【バイトルNEXT(ネクスト)】

安定的収入を得るための収入源3本柱戦略

収入源3本柱とは?!
■その1:働くことによって得られる労働収入
■その2:投資によって得られるインカムゲイン。
■その3:副業で得られる収入。
収入源を3つに分ける事で、無理せず安定的に収入を確保していこうとする考え方です。

複数の収入源を得たい人が読むべき本

複数の収入源を得るためにおすすめの記事

YouTubeも公開しています♪

※ブログのサイトマップはこちらです。
現在1300記事以上の記事の更新を続けています。

※Twitterもしています!フォローの方よろしくお願いします!


※YouTube動画も公開中です!!ぜひチャンネル登録お願いします!!
かぶまるの雑談サブチャンネル【かぶまる本人による雑談です♪】


かぶまるゆっくりチャンネル【ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙が活躍中です♪】


コメント

タイトルとURLをコピーしました