不労所得を何故目指さないといけないのか解説いたします

不労所得を目指さない労働者はただの労働者

こんにちは!頭のアンテナを常に脱社畜に向けているかぶまるです。

この世には2種類の労働者がいます。不労所得を目指す労働者と、ただの労働者です。

ほとんどの労働者はただの労働者として働き続ける人生を送ります。
悲しいかな…みんな働くのがつらいとか、もつ続けていられない。

とか愚痴を言うけど行動にはうつさないのですね。
これからもずっと会社にこき使われて生きなければなりません。

あてにできない年金をあてにして、65歳とか70歳まで働き続ける事になります。

その頃には体はボロボロで、お金もカツカツで自分の思っていた老後を過ごす事はなかなかできないのではないでしょうか?!

みんな好きで働き続けているわけじゃありません。

生きる為に止むを得ず働いているに過ぎません。

それじゃみんななんで不労所得で脱サラを目指さないのでしょうか?!

おそらく…投資に対して全く興味がないか、投資に興味があってもリスクを恐れるがあまり踏み込めないからではないでしょうか?!

労働以外の副業で収入を得る事が面倒だと思ったり、自分には無理だと思うからではないでしょうか?!

みなさん桃鉄っていうゲームをやった事はありますか?!

最初は手持ちのお金で収益率の良い物件を買い漁る事になりますよね。
そして、ある程度お金持ちになるとよほど凶悪なイベントに遭遇しない限りはお金が入り続ける事になります。

モノポリーもそんな感じですね。

最初はたいした収益にはならないけど…物件が増えていくと、どんどん収益が増えてきて右肩上がりに資産は増えていきます。

桃鉄やモノポリーって資本主義の縮図です。良い資産を持って収益を上げ続けている人が勝つことになります。

ただの労働者から脱出する為には…がんばって資産を買って、不労所得を増やすしかないのですね。

不労所得ってそうそう増えません。
株という資産を買ってもそこから生み出される収益はせいぜい数パーセント。

さらに景気の動向によっては…一時的に資産価値が落ち込む事もありえます。

だから簡単じゃないし、非常に時間がかかるもの。
時間がかかるから少しでも早く始め、続ける事が求められるのです。

資産運用ってなんだか大変だったり、派手だったり、一部の特殊な人だけが取り組んでいるイメージがあります。

たしかにデイトレとか短期間で儲けようと思えば、レバレッジをかけて派手な勝負にでなければいけないのでそうでしょう。

しかし本当の資産運用はおそろしく地味で日の目を浴びる事がありません。

働いたり副業で得たお金をひたすらコツコツと資産に変えていく作業が何十年と続くことになります。

億トレーダーとか億万長者などとは…かけ離れた行動をとる必要があるのです。

一瞬で儲けようと思えば一瞬で失くなるリスクもはるかに増大します。

ただ働き続ける人生で終わりたくないと思われた方は考えて行動するしかありません。

時間はかかりますが、少しづつ不労所得を増やして、脱社畜を目指しましょう。

脱社畜道!!始動

【かぶまるおすすめの記事はこちらです】
■その1:社畜労働人間。こんな人生のはずじゃなかった
■その2:こうなったら抜け出せない!【従業員の企業戦士化】
■その3:社畜脳から抜け出すためにTwitterの世界に飛び込むべき
■その4:なぜ仕事が増え続けるのか?!断る勇気も必要です
■その5:株主となって経営者の上に立ってしまおう!!
■その6:脱社畜で幸せになれる訳ではない
■その7:理想は24時間!!1日の時間じゃないですよ
■その8:社畜魂。会社の8時間労働よりも自宅の12時間労働
■その9:正しい脱社畜の目指し方

【YouTubeでも解説しています】
■ その1: 脱!社畜道1【こんな人生のはずじゃなかったのに】
■ その2: 脱!社畜道2【従業員の企業戦士化】
■ その3: 脱!社畜道3【こうなったら抜け出せない!洗脳企業戦士】
■ その4: 脱!社畜道4【Twitterの世界に飛び込むべき】
■ その5: 脱!社畜道5【断る勇気も必要】
■ その6: 脱!社畜道6【株主となって経営者の上に立ってしまおう】
■ その7: 脱!社畜道7【脱社畜で幸せになれる訳ではない】
■ その8: 脱!社畜道8【仕事を辞める事が目的になっていませんか?】

※ブログのサイトマップはこちらです。
現在1300記事以上の記事の更新を続けています。

※Twitterもしています!フォローの方よろしくお願いします!


※YouTube動画も公開中です!!ぜひチャンネル登録お願いします!!
かぶまるの雑談サブチャンネル【かぶまる本人による雑談です♪】


かぶまるゆっくりチャンネル【ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙が活躍中です♪】


コメント

タイトルとURLをコピーしました